目的に合わせて選べる

機能性や快適度が高い

女の人

神戸には、お得に泊まりたい人から贅沢に滞在したい人まで、幅広いニーズにマッチしたホテルがあります。そのため、低予算で旅行をしたい人やリッチな旅行をしたいなど人に、神戸のホテルが人気です。神戸なら、駅チカのホテルでも安いところが多いです。安いと一人あたり一泊朝食つきで3千円代です。週末やシーズンによって割高になりますが、それでも5千円代で利用できます。朝食は美味しい焼き立てのパンが食べれる洋食や食べ放題のバイキング、和食など、好きなものを選べます。1ヶ月以上前にオンラインで予約をしておくとさらに安くなったり、二泊以上連泊すると一泊あたりの費用が安くなったりするホテルもあります。リーズナブルなホテルでもサービスがすみずみまで行き届いていて、スタッフの接客スキルも高く、真心をこめておもてなしをしてくれます。禁煙ルームor喫煙ルームが選べて、全ての部屋にエアコン、トイレやバスルーム、アメニティグッズ、冷蔵庫がついています。シングルルームはコンパクトで機能性が高く、神戸への初めての一人旅にぴったりです。温泉施設つきのホテルは、日常の喧騒から離れ、神戸でゆっくり休んでリフレッシュしたい人に最適です。宿泊費用はちょっと高くなりますが、それだけ満足度が高く上質な体験ができます。大浴場、岩盤浴、サウナ、エステとリラクゼーション要素がぎっしり詰まっていて、ホテルにいるだけで疲れが取れて心も体も癒されます。

宿泊探しのポイント

カードキーを渡す人

国内旅行で訪れたい街の一つに港町として名高い神戸があります。神戸は、江戸末期から明治の早い段階で海外に開かれたことから、市内には異国風情が漂うエリアがいくつも残されており、その中でも有名なものは北野の異人館などです。また、観光名所以外にも洗練されたスイーツショップも数多く存在しており、特に女性にとっては食べ歩きをするだけで一日を過ごすこともできるほどの充実ぶりです。この神戸を刊行する際に重要になってくるのが、ホテル選びです。観光地という側面だけでなく商業都市という一面も神戸にはあることから、様々なタイプのホテルの中から自分にあったところを選ぶようにするのがポイントです。例えば、市内観光をメインにしたいということであれば、なるべくアクセスの良い駅近に宿泊するのが良いですし、特に費用を抑えたいということであればビジネスホテルを選択するのも一つの手です。一方、名高い100万ドルの夜景を楽しみたいのであれば山の手の観光ホテルに宿泊するのがお勧めですが、少しテイストを変えて楽しみたいといことであれば、あえて海側のホテルに宿泊して、海から山側の夜景を満喫するのもよいでしょう。さらに、神戸の山間部には牧場や有名な有馬温泉などもあることから、そういった場所のホテルに泊まるとまた違った面から神戸を楽しむことができるはずです。このように、ニーズに合わせて宿泊場所を変えることで、何度訪れても新鮮な気持ちで神戸の街をエンジョイすることができるでしょう。

目的に合わせたプラン選び

HOTEL

国内でもトップクラスの人口を誇る神戸は、ビジネスと観光の拠点としても国内外に知られ、1年を通してたくさんの人が訪問します。そんな神戸では数々のホテルが営業し、目的に合わせて様々なプランと立地から選定可能です。ホテルといっても安価なカプセルや高級なリゾートタイプなど多種多様ですので、目的に合った選定が望ましいでしょう。神戸は交通利便性の高さにも魅力があり、ホテルは駅周辺を中心に全域で営業しています。プランは立地に合わせて設定される傾向があり、例えば駅近くの場合、アーリーチェックインとレイトチェックアウトのゆったりプランが人気です。一方の山地や海側はアクセス手段が限られますが、広々とした駐車場は満車のケースが少なく、景観が良好な上層階確約プランが魅力となっています。また、多くの場合は最寄りや中心駅とホテルをつなぐシャトルバスを運行していますので、自動車のアクセス以外にも対応可能です。神戸は六甲山を中心とした山地と大阪湾に挟まれ、市街エリアは夜景の美しさでも定評がありますので、景観を重視する人も満足いくことでしょう。海と山の幸に恵まれた神戸は、ホテルレストランも観光の一部ですが、お食事の有無はプランで選択できます。到着時間が遅いときや目的のレストランがある場合にもムダが発生せず、必要な分のみの利用が可能です。このほか、宿泊料金はシーズンで変動しますが、いずれのホテルも早期予約特典が用意され、格安プランとしても販売されています。